入札参加資格申請とは

  • 札入れ

    入札参加資格申請とは、公共工事などの入札に参加するために必要な手続きのことです。
    入札参加希望者は、必要な申請書類を提出して審査を受け、入札参加資格者名簿に登録されていることが必要となります。「業者登録」ともいわれます。

  • 公共工事受注のメリット

    公共工事を受注するにはたくさんの手続きが必要であり、人手や時間がかかります。しかし、公共工事には民間工事にはない次のようなメリットがあります。
     ・民間工事には無い大規模な工事に携わることができる
     ・不況時にも安定して発注が期待できる
     ・工事代金が現金で支払えるため、貸し倒れが無い
     ・公共工事の実績が民間施主や金融機関の信用になる

    入札の対象となる公共事業

    建 設 工 事

    建設業許可にかかる業種の工事

    測量・コンサルタント業務

    測量や図面の作成、調査などの業務委託

    物  品

    事務用品、事務機器、荒物雑貨の販売・製造など

    役  務

    印刷業務、建物管理、建物清掃、空調設備保守など

    入札参加資格申請の注意点

    入札参加資格申請の申請方法、有効期限などは発注者である官公庁によって様々です。申請受付の期間が短い場合や、申請の全部や一部のみ電子申請必須になっているなど、申請内容を把握していないと業者登録の機会を逃すことになりかねますので、官公庁のホームページ等で事前確認や、要領などを熟読する必要があります。
    また、正確な内容で申請を行わなければ、企業の状況に対して不相応な格付けで登録される可能性がありますので注意が必要です。

    お客様の詳しい状況をヒアリングさせていただき、正式なお見積書をご案内いたします。
    お気軽にお問い合わせください!

    <注意事項>
    原則、成功報酬制でのお見積りとなりますが、場合によりお申込み時に着手金をいただくことがございます。